個人情報保護方針

「説明と同意」とは

当院では、医療者が患者の知る権利および自己決定の自由を十分に尊重し、適切な説明と患者の理解に努め、十分な合意形成を行うことを「説明と同意」と定義し、その「説明と同意」のもとに医療を提供する。

「説明と同意」に際しての基本原則

  1. プライバシーに配慮した環境で行う
  2. 十分な情報提供を行う
  3. 平易な言葉でわかりやすく説明する
  4. 患者が十分に理解していることを確認する
  5. 患者が自発的に、真意として同意していることを確認する
  6. 自己決定の支援としてセカンドオピニオンの権利について説明する
  7. 同意撤回の自由について説明する
  8. 説明と同意の内容について記録を残す

情報提供の内容

  1. 説明する内容
    • ①患者の健康状態、病状とその原因
    • ②検査や治療の名称・内容・方法・必要性・有効性
    • ③その医療行為に伴う危険性・合併症・合併症発症時の対応
    • ④その医療行為を行わなかった場合のメリット・デメリット・予後予測
    • ⑤その他、診療上必要であると認められる情報等
  2. 説明者の条件
    • 原則として主治医とする。
      なお、研修医が説明を行う場合は、指導医が必ず同席すること。
  3. 説明時の同席者
    • ①患者側の同席者は患者の家族とする。
      意思を表明できない場合などは適切な代理人に同席してもらう。
    • ②医療者側の同席者については主に看護師とする。
  4. 同席のルール
    • 侵襲的な治療、検査等については同席者を必要とする。

説明の同意が必要となる範囲

  1. 診療行為全体に関すること
  2. 入院に関すること(入院診療計画書等)
  3. 基本的な治療方針の説明
  4. 侵襲性の高い検査・処置
  5. 手術
  6. 輸血
  7. リハビリテーション
  8. その他医師が必要と認めるもの

同意書の取扱い

  1. 作成した同意書はスキャンして電子カルテに保存し、原本は患者へ交付する。
  2. 説明者は同意書に署名または記名押印すること。
  3. 原則として、患者署名欄は患者本人より署名してもらう。

同意の撤回

  1. 一旦、医療行為について同意した後でも、同意を撤回することができる。
  2. 主治医は同意の撤回があった事実、経緯および同意の撤回を知った日時を診療録に記載する。

7.	セカンドオピニオンについて

患者からセカンドオピニオンの希望があった場合は下記の対応を行う。