部門紹介 放射線室

5/21

本日は

診療日

診療日時はこちら

放射線室 部門長ごあいさつ

患者さんに安心で安全な検査、
迅速・的確な画像診断を提供できるよう、
これからも努力してまいります。

当院の放射線室では、現在4名(うち2名は非常勤)の女性放射線技師が在籍し、日々の診療に取り組んでいます。
放射線領域は高度医療機器の開発、デジタル技術の発展、画像処理技術の向上などにより日々発展しています。当院でも質の高い医療画像提供による診断精度の向上、医療被ばくの低減などを目指し、患者さんに安心で安全な検査、迅速・的確な画像診断を提供できるよう、これからも努力していきたいと思っています。

また、笑顔での挨拶やお声かけをモットーに、患者さんの検査への不安を少しでも和らげることが出来るよう、優しく丁寧な放射線室でありたいと思っています。不安な点や疑問点は遠慮なく担当の診療放射線技師にご相談ください。

放射線室 主任 石山 絵美

放射線室方針

方針

患者さんに優しい、迅速・的確な画像診断

放射線室では、X線一般撮影、CT検査、マンモグラフィ、胃透視、VF(嚥下造影)、骨密度測定など、各科の検査・画像診断を行っています。

これらの検査はすべてデジタル化され、電子カルテシステムとの連携により、過去検査との比較や結果の参照などをスムーズに行うことが出来ます。
また、放射線科医(非常勤)による読影も行っており、的確な画像診断につながっています。

業務内容・検査機器紹介

CT検査室

身体の輪切り写真を撮ることで、体内の異常を早期に発見します。

種類 発見できる病気
頭部CT 脳出血・脳梗塞などの診断に有用です。
胸部CT 肺癌、肺炎などの発見・診断ができます。
腹部CT 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・腹部大動脈・生殖器の疾患を検査します。
造影CT 造影剤を注射しながら撮影することで、癌や炎症の精密検査をします。
内臓脂肪CT 内臓脂肪と皮下脂肪の面積が分かり、メタボリックシンドロームの診断に用います。
COPF CT 肺気腫の診断と重症度の診断に有用です。

マンモグラフィ検査室

X線テレビ室

X線を用いた検査・治療を行います。

種類 検査内容
胃透視(バリウム検査) 造影剤(バリウム)を飲んでいただき、食道、胃、十二指腸の形態や粘膜の状態を調べる検査です。
嚥下造影検査(VF) 嚥下機能評価を行う検査です。
骨折の整復 四肢の骨折の整復は、透視を用いながら行います。
イレウス管挿入 腸閉塞の治療に用いるイレウス管の挿入に用いられます。

その他、一般レントゲン

内科および整形外科領域の各種レントゲン撮影を行います。

PageTop