働く中でのエピソード

薬剤部 薬剤師|青木 浩二|Aoki kouji

薬剤部 薬剤師|青木 浩二|Aoki kouji

様々な状況や環境の中でスキルアップ

薬剤師として入職した当時は、学校で習った教科書に書いてあるとおりの知識しかありませんでした。
実際に働き始めると様々な環境や状況によって臨機応変に対応する力が必要なんだと気づきます。
おおぞら病院では多職種で連携した看護や介護を行います。そのような環境のおかげもあり、検査や栄養のこと、リハビリに関することなど、薬剤以外の様々な幅広い知識を吸収することができています。
薬剤師だから薬剤のことだけ知っていればいいのではなく、関わる様々な知識を踏まえることで、より患者さんに寄り添った仕事ができるのだと思います。
薬剤師として様々な経験を積み自ら考えて対応することで臨機応変な対処ができる人に成長できていると思います。
また、患者さんや一緒に働く人へ笑顔で挨拶することで、患者さんを笑顔にし、一緒に働く人へ元気を与えれるような人になることを目指して頑張っています。

リハビリテーション部 穐吉 早苗

リハビリテーション部 穐吉 早苗

患者さんの喜びが自分の喜び

仕事をしている中で大切にしていることは、患者さんとの話し合いを大切にして患者さんの思いに沿ったリハビリを行うことです。
リハビリを必要としている患者さんは自分の体が思うように動かないなど様々な状況の中で辛いと思っていることが多いです。
そんな状況だからこそ、リハビリを行う私が笑顔で接して、少しでも明るい気持ちでリハビリに専念してもらいたいと思っています。
患者さんの表情や言動などを気にしながら、患者さんに合ったリハビリを行い、一つでも出来ることが増えたときは本当に嬉しくなります。
リハビリの仕事は患者さんの生活に寄り添い、これからの患者さんの生活をサポートする仕事です。
まごころを込めて、患者さんに寄り添ったリハビリを行えるようにこれからも頑張ります。

健康サポート部 看護師 中本 香奈

健康サポート部 看護師 中本 香奈

受診者さんに満足して頂けるサポートを

健診には様々な受診者さんが来られます。毎年定期的に検査を受けられる方、初めて人間ドックを受けられる方、それぞれいろんな思いを持って受診されます。
初めて胃カメラを受けられる方など、検査に対する不安はかなり大きく、受診者さんの希望や不安を丁寧に聞き入れながら説明やアドバイスを行い、検査方法などを一緒に決めていきます。スムーズに検査が受けられるように各検査スタッフとの連携もしっかりと行うよう心がけています。検査後に「楽に検査が受けられました」「また次回もここで受けますね」などの言葉を頂けた時は、本当に嬉しく、励みになります。
また、健診後のサポートも重要な仕事の一つです。当院は病院併設型施設であり、精密検査や治療が必要な場合は、その場で検査予約や治療を開始することも可能で、改めて受診といった手間を省きつつ、健康管理へと繋げることができます。
その利点を活かしつつ、受診者1人1人が安心して検査を受けられ、せっかく受けた検査が受けっぱなしにならないよう、看護師としてできるサポートをしっかりと行っていこうと思います。

検査室 臨床検査技師 西原 由紀

検査室 臨床検査技師 西原 由紀

病院はスタッフの生き甲斐にもなる場所

検査技師の仕事には血液や尿などの検体検査と心電図やエコーなどの生理機能検査があります。生理機能検査では患者さんと対話することができますが、検体検査では対話することはできません。どちらも日々進歩しており、常に新しい知識・技術の勉強が必要です。早期発見・早期治療が患者さんの予後を左右するため私たち検査技師が検査し結果を提出する際には責任重大です。
時折「前ここで検査してもらった時に悪いとこを見つけてもらった。早く見つけてくれたので治りましたありがとうございました。」とおっしゃってくれる患者さんがいます。
その時患者さんが治って良かったと言う安堵の気持ちとうれしさで胸がいっぱいになります。そして、これからもがんばろうとゆう気持ちになります。病院は患者さんの病気を治す場所ですが、スタッフの生き甲斐にもなる場所だと思います。これからも患者さんに喜んでもらえるよう、知識や技術を磨いていきたいと思います。

地域連携室 曽我部みゆき

地域連携室 曽我部みゆき

患者さんとご家族に寄り添うこと

自宅で介護を行うことを不安に思うご家族の方は多いです。
家族様から「自分でも家で介護できるかな?」と相談されたとき、不安を解消し、ご自宅で介護ができるようにするにはどうすればいいかと悩んだことがあります。
ご自宅で介護をするうえでは、ご自宅の環境も大切です。
介護を行う導線を考えた片づけなど様々なことをアドバイスさせていただき、ご自宅で介護ができる環境づくりから始めました。
環境が整ってもすぐにご自宅で介護ができるわけではありません。
仕事帰りにご家族に来院いただき、リハビリスタッフやNSと一緒にPトイレ移乗などの様々な介護の練習を行いました。
一緒に練習することで、ご家族の不安が少しずつ解消され、ご自宅での介護ができるんだと思っていただけたのは嬉しかったです。
患者さんにとってもご自宅に帰れることは本当に嬉しいことだったようです。
今は無事退院されてご自宅でご家族と一緒に暮らされています。
患者さん、ご家族様の意向にそいながら、本人らしく安心して暮らせるように一緒に考える支援ができるようにこれからも働きたいと思います。