外来案内

禁煙外来

ニコチン依存症とは

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。ドパミンが放出されると、喫煙者は快感を味わいます。
同時に、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます(快感+また吸いたい欲求)。その結果、次の一本を吸って再び快感を得ても、さらに次の一本がほしくなるという悪循環に陥ります。
この状態がニコチン依存症(=喫煙の習慣)です。

病気であるニコチン依存症を喫煙者一人の意志だけで治すことは大変です。禁煙しようと思ったら、気軽に当院にご相談下さい。

喫煙による病気のリスク

喫煙は百害あって一利なしといわれるように、非常に体に対して悪影響をもたらすものです。具体的には以下のような影響が挙げられます。

  • がんのリスクの増加
  • 動脈硬化の進展(心臓病、脳卒中のリスクの増加)
  • 肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD))の進展
  • 糖尿病の悪化
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍のリスクの増加

etc...

たばこを吸うことで、さまざまな病気のリスクが増加するのです。
その他にも、歯周病、老化の促進、肌荒れ、脱毛といった症状もでてきます。

喫煙による周囲への影響

たばこは、喫煙者自身だけでなく、周りの人にも影響を与えます。
喫煙者の近くにいる人は、たばこを吸っていなくても煙を吸い込んでしまいます(受動喫煙
受動喫煙により吸い込んだ煙は、たばこの先から出るもので副流煙と呼ばれ、煙に含まれている有害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素など)の量が喫煙者の吸い込む主流煙よりも多いと言われています。
また、「たばこを吸わない女性で夫が喫煙者の場合、非喫煙者の夫を持った女性に比べ、肺ガンになるリスクは約2倍になる」というデータも厚生労働省により発表されています。

受動喫煙は、喫煙者のそばにいる限り避けることはできません。
大切な家族や友人のために、禁煙について考えてみませんか?
お気軽に当院までご相談ください。

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
土曜
午前/9:00~12:00
休診日
土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始・10月7日

受付時間

平日
午前/8:30~12:30
午後/13:30~17:30
土曜
午前/8:30~11:30

診療のご予約

089-989-6620

※受付:(平日)9:00~17:00 (当院休診日は除く。)

人間ドック・レディースドック予約
採用サイトのご案内