外来案内

リハビリの紹介

当院では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリを行っています。個別に専門的評価を行い、ご本人やご家族の希望を聞きながら、退院後の生活を見据えた治療計画を立案し実施していきます。

理学療法とは

理学療法とは、ケガや病気などにより身体に障害を有する人に対して、

「運動療法」
筋力・関節の動き・体力などの運動機能に働きかけ、起き上がる・歩く・階段の上り下りなどを促す。
「物理療法」
痛みや緊張の緩和を促す。

を行い、日常生活に必要な動作の獲得を図ります。

〈当院理学療法の特徴〉

  • 退院後の生活を想定したリハビリテーションメニューを作成しています。
  • 患者さん一人一人の状態・状況に応じたリハビリテーションを行っています。
  • 患者さんへの自主トレーニング指導やご家族への介助方法等の指導を行っています。

理学療法士 PT(Physical Therapist) 岡﨑 浩治

新病院になって、患者さんが日中離床しやすい環境になりました。患者さんが廊下を行き来し、談話室では笑顔と会話が溢れ、病棟に活気がでるような病院になるよう、微力ながら努めていきたいと考えています。宜しくお願い致します。

作業療法とは

作業療法では食事、排泄、更衣、整容、入浴など日常の作業・活動(日常生活動作)の獲得を図ります。

片麻痺の後遺症を持った状態から生活を再建していくために、実用的に手で道具の操作が出来るよう機能的改善を図り、機能的な改善が難しい場合には聞き手の交換、福祉用具の使用や環境の調整、一部介助を行うなど代償的に解決を図ります。
日常生活動作は、ご自宅での動作を聞き取りや家屋訪問にて把握し、実際の生活を想定しながら訓練していきます。

作業療法士 OT(Occupational Therapist) 児玉 和幸

当院の作業療法士は好奇心いっぱいです。各々の得意なことをもつこと、また、不得意なことは自ら話をして補おうとしています。それは日々、患者さんの笑顔をみるためのこと!このように気持ちの熱い療法士がそろっています。

言語療法とは

私たち言語聴覚士は、言葉を話すこと聞くこと・読むこと・書くことが難しい方(聴覚障害・音声障害・構音障害・失語症等)や、食べること・飲むことが難しい方(摂食・嚥下障害)への訓練や支援を行います。

また、外来においても、小児のことばの発達の遅れ(言語発達遅滞)や発音の問題(構音障害)、読み書き計算等の学習上の問題(学習障害)、成人のコミュニ ケーションの問題(失語症、構音障害等)を対象に言語療法を行っています。お気軽に当院リハビリテーション部までお問い合わせ下さい。

言語聴覚士 ST(Speech Therapist) 永江 拓朗

おおぞら病院の言語聴覚士は総勢11名です。仲良く明るい雰囲気をみんなで心がけています。他部署との連携も大切にして業務に取り組んでいます。そして、言語聴覚士を必要としている地域の方々のお役にたてるように、みんなで日々努力していきたいと思います!

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
土曜
午前/9:00~12:00
休診日
土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始・10月7日

受付時間

平日
午前/8:30~12:30
午後/13:30~17:30
土曜
午前/8:30~11:30

診療のご予約

089-989-6620

※受付:(平日)9:00~17:00 (当院休診日は除く。)

人間ドック・レディースドック予約
採用サイトのご案内