外来案内

リハビリの紹介

当院では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリを行っています。個別に専門的評価を行い、ご本人やご家族の希望を聞きながら、退院後の生活を見据えた治療計画を立案し実施していきます。

理学療法とは

理学療法とは、ケガや病気などにより身体に障害を有する人に対して、

「運動療法」
筋力・関節の動き・体力などの運動機能に働きかけ、起き上がる・歩く・階段の上り下りなどを促す。
「物理療法」
痛みや緊張の緩和を促す。

を行い、日常生活に必要な動作の獲得を図ります。

〈当院理学療法の特徴〉

  • 退院後の生活を想定したリハビリテーションメニューを作成しています。
  • 患者さん一人一人の状態・状況に応じたリハビリテーションを行っています。
  • 患者さんへの自主トレーニング指導やご家族への介助方法等の指導を行っています。

理学療法士 PT(Physical Therapist) 小池 拓郎

当院の理学療法部門はエネルギーとバイタリティーにあふれたスタッフがそろっています。特色としては最新の電気刺激装置や振動刺激装置を併用しながら積極的な運動を行ない、早期の身体機能向上に努めています。また脳卒中に対する促通反復療法や装具療法、糖尿病患者の教育入院中の運動・生活指導にも力を入れています。
今後も最新の知見や根拠に基づいた理学療法を提供できるよう、日々研鑽を積んでいきたいと思います。

作業療法とは

作業療法では食事、排泄、更衣、整容、入浴など日常の作業・活動(日常生活動作)の獲得を図ります。

片麻痺の後遺症を持った状態から生活を再建していくために、実用的に手で道具の操作が出来るよう機能的改善を図り、機能的な改善が難しい場合には利き手の交換、福祉用具の使用や環境の調整、一部介助を行うなど代償的に解決を図ります。
日常生活動作は、ご自宅での動作を聞き取りや家屋訪問にて把握し、実際の生活を想定しながら練習していきます。

作業療法士 OT(Occupational Therapist) 藤本 彩

当院の作業療法士は23名です。日々患者さんに寄り添いながらリハビリを行うよう心がけています。その方らしさを知り、その方らしい生活を送ることが出来るよう努めていきたいと思います。

言語聴覚療法とは

私たち言語聴覚士は、ことばを話すこと・聞くこと・読むこと・書くことといったコミュニケーションに問題のある方(聴覚障害・音声障害・構音障害・失語症・高次脳機能障害等)や食べること・飲みこむことが難しい方(摂食嚥下障害)への練習や支援を行います。

また外来においても、成人のコミュニケーションの問題(失語症・高次脳機能障害・構音障害等)、小児の発音の問題(構音障害)を対象に言語聴覚療法を行っています。お気軽に当院リハビリテーション部までお問い合わせください。

言語聴覚士 ST(Speech-Language-Hearing Therapists) 小泉 勝

当院の言語聴覚士は14名です。患者さんと相互にコミュニケーションを楽しみながら、退院後の生活を見据えて、個別的・専門的な支援を提供します。

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
土曜
午前/9:00~12:00
休診日
土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始・10月7日

受付時間

平日
午前/8:30~12:30
午後/13:30~17:30
土曜
午前/8:30~11:30

診療のご予約

089-989-6620

※受付:(平日)9:00~17:00 (当院休診日は除く。)

人間ドック・レディースドック予約
採用サイトのご案内