施設紹介

6つのコンセプト

おおぞら病院は、6つのコンセプトをもとに患者さんが心地よく治療を受けて頂けるよう、外装・内装のあらゆる場所にこだわりました。

  1. 近代的で人と地球に優しい病院
  2. 患者さんの視点に立った分かりやすく快適な病院
  3. 職員がいきいきと働き、育つ病院
  4. 将来の医療・介護需要の変化に柔軟に対応できる病院
  5. 地域から信頼され、愛される病院
  6. 街並みづくりに貢献できる病院

施設の特徴

開放的で歩きたくなる空間

自然光や植物を取り入れた開放的で病院を感じさせない空間設計となっています。
リハビリの時間以外でも自発的に動き、立ち寄りたくなるような場所・空間も設けて、歩く楽しみを作りました。

屋上庭園「そらにわ」

屋上庭園「そらにわ」では、様々な種類の植物が植えられ、四季折々の景色を見ることができ、ご家族の方やリハビリの方にもご利用頂けます。

リハビリ施設

2階に300m2の広いリハ室を設けて、専門的器具を利用したリハビリと外来リハビリに対応します。また、回復期リハ病棟内にも100m2以上のリハ室を設けて、病棟内で日常生活に近い実践的訓練を行います。

研修室

研修室は院内イベントだけでなく、糖尿病教室などの市民向け講演会にも使用できるようになっています。

意見箱「宝箱」

我々は皆さまから頂くご意見が何よりの宝と考えています。たくさんのご意見を頂けるように、1階受付横に木製の松山城をモチーフとした「宝箱」を設置致しました。製作は福角町の共同作業所「木麦の家」にお願いしています。各階にも意見箱を設置しておりますので、皆さまからたくさんの「宝」を頂き、より良い病院作りに反映させて参ります。

スタッフステーション

入院中看護師だけでなく、医師、リハビリスタッフなど多職種が集まり、患者さんの情報を共有し、話し合うことでより良い医療ができると考えます。今までの「ナースステーション」という名称から、院内スタッフ全員が集まる「スタッフステーション」へと名称を改めました。

フロアマップ

当院は敷地内全面禁煙になっております。