部門紹介

リハビリテーション部

当院では回復期リハビリテーション病棟の患者さんに対して、心身機能の機能改善や日常生活に関する動作や行為の能力向上を目指して、患者さんの在宅復帰の支援をしています。また、一般病棟の患者さんに対しても全身状態管理の下、リハビリテーションを実施しています。

スタッフ紹介

理学療法士 PT (Physical Therapist)

現在、理学療法士は患者さんの在宅復帰を目指し、専門性を活かした身体機能改善はもちろん、病棟内で退院後を想定した、より日常的な環境での動作練習を行っています。
また、全身状態管理が必要な方に対しても、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復に努めています。
今後も当院理念にある、「皆さまから信頼される」を念頭におき、知識・技術・人間性の向上に努めていきたいと思います。よろしくお願いします。
理学療法士 PT (Physical Therapist)について

作業療法士 OT(Occupational Therapist)

作業療法士は、日常生活を送る上で必要な心身機能の回復を促し、患者さんが食事、着替え、入浴といった身の回りの動作を主体的に行えるためのサポートを行う専門職です。
当院では身の回りの動作に加え、家事動作など患者さん1人ひとりに適した練習を行っています。
また、認知症や高次脳機能(考えたり、覚えたりする機能)障害の方の生活能力を高める取り組みや、生活支援についても関わりを持っています。
おおぞら病院の作業療法の基本として、患者さん中心の作業療法を目指してがんばっています。患者さんの要望・希望に応えられるように、心と体・活動・環境の3つの分野に対して支援していける広い視野で関わっていきます。
作業療法士 OT(Occupational Therapist)について

言語聴覚士 ST (Speech Therapist)

言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションに問題のある方に対して、言語、聴覚、発声、構音、認知などの機能について検査・評価を行ない、必要性に応じて言語療法(訓練、指導、助言、援助)等の専門的な医療サービスを提供する専門職です。
また、摂食嚥下に問題のある方に対しても、医師等と連携して評価、訓練、指導、援助を行ないます。
入院中はもちろん、退院された後も安心して自分らしい生活を送れるように外来にてしっかりとフォローしています。
今後も、言語聴覚士一人ひとりの専門的な教育や設備の充実に取り組んでいきます。
言語聴覚士 ST(Speech Therapist)について

リハビリ機器・設備紹介

教育・研修制度の特徴

1.新人教育

プリセプターによる入職2ヶ月間の個別指導を行います。

4/1-4/2 新規採用者オリエンテーション
4/3-4/10
(1W)
プリセプターに付いて見学及び部分的に移乗動作、歩行介助、動作指導などに介入する
基礎業務(カルテ記入、カンファレンス、FIM、評価等)も共同で実施する
4/13-4/30
(3W)
プリセプターの患者さんを新人ベースでリハ介入してもらう
プリセプターは補助的役割にまわる
GW明け~  新患を含めめた担当患者をもつ。新人個々の達成度に合わせて持ち患者人数調整する

2.新人・現職者共通プログラム

年間を通じてリハビリ都主催で以下の勉強会を開催します。

テーマ
lCF(患者さんの全体像把握) 「呼吸ケアの疾患別症例評価とアプローチについて」
FIM ポジショニング・シーテイング
メンタル(精軸疾患・認知症) 車椅子シーテイング
介助方法(基本動作・移乗動作・移動) 心電図
摂食・嚥下(食事介助、口腔ケア) 装具療法・IVES
排泄(トイレ動作・排泄管理) 高次脳機能障害
住環境(入院中における病棟リハに関する要望など) 大腿骨頚部骨折について
在宅支援サービス 認知症患者との関わりについて
地域包括ケアシステム 糖尿病
誤嚥性肺炎について がんリハ
X-P、CT、MRI 呼吸ケア

3.外部研修

外部研修への参加、認定資格の取得、学会発表を奨励しています。
研修費の支援制度があり、伝達講習会を開催する事で得た知識をスタッフ間で共有しています。

4.実習生受け入れ

現在4校の見学実習、短期評価実習、長期臨床実習を受け入れています。

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
土曜
午前/9:00~12:00
休診日
土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始・10月7日

受付時間

平日
午前/8:30~12:30
午後/13:30~17:30
土曜
午前/8:30~11:30

診療のご予約

089-989-6620

※受付:(平日)9:00~17:00 (当院休診日は除く。)

人間ドック・レディースドック予約
採用サイトのご案内